アスリートを陰から支え1%でも勝利に近づける。決して日の当たらない影の黒子。それがトレーナーらしいよ…【アンサング☆ヒーロー】
<< だうん。 | main | 早くない? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
花粉症



去年11月に誕生した甥っ子。

『泰成』  タイセイって読みます。

かわいいです。

週に1度くらい、姉貴から写メが送られてきますが、
成長のスピードにびっくりします。


最近、やたらと身近にチビ達が増えました。

そのせいか、医療関係の記事を読んでいても、小児の記事に目がとまります。


花粉症の季節なので、それに関連したものを・・・


【子どもを花粉症にしない9カ条】

ってのが、最近紹介されてました。

▽生後早期にBCGを接種させる
▽幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる
▽小児期にはなるべく抗生物質を使わない
▽猫、犬を家の中で飼育する
▽早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす
▽適度に不衛生な環境を維持する
▽狭い家で、子だくさんの状態で育てる
▽農家で育てる
▽手や顔を洗う回数を少なくする


中には、無理そうなものもありますが、
「たくましく育てろ」って感じのものが結構ありますね。


花粉症を含むアレルギー患者は、20歳代は80%、40歳代は70%、50歳代は40%、60歳代は30%と、若い世代ほど割合が多い。

引用記事:医療介護CBニュース


らしい。


このデータからすると、
空気を綺麗にする清浄機とか、掃除機、エアコン
ハウスダスト対策の~とかって、どーなん!?


生活してれば自然とつくはずの免疫力。
これを人工的に不自然な環境にしてしまってる。

カワイイからと言って、過保護すぎるのもダメですね。

アスリートにとっても、花粉症は競技に大きな支障を与えます。

将来、スパースターになる可能性を秘めたチビ達の為にも、程よい環境が必要ですね。


ちなみに俺は、
育ちは良いですが、花粉症じゃないです☆

| kubomasa | メディカル | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:45 | - | - | pookmark |









http://k-masa1231.jugem.jp/trackback/22
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ