アスリートを陰から支え1%でも勝利に近づける。決して日の当たらない影の黒子。それがトレーナーらしいよ…【アンサング☆ヒーロー】
<< 9割の壁  | main | ランクイン!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
【9割の壁】


『史上初の女性プロ野球選手誕生』
吉田えり投手



 女性のパワーは男性の60〜80%程度に留まる。


差を詰めたところで、男性記録の9割程度。


海外の体格に恵まれた女選手。
たとえば、プロテニスのビーナス・ウィリアムス。
身長185cm。「男並み」を軽く超え、男以上の体格。

そんな彼女でも、男のサーブスピードと比較すると男女比84%。

【9割の壁】・・・


あんまりデータばっかりやと、おもしろくないね。。。

なんで、簡潔に書きます☆


女で初のプロ野球選手吉田えり投手。
社会人レベル男性と比べると平均40〜60%くらいじゃないかと思います。

ビーナス・ウィリアムスが野球やってたら140キロ出すでしょう。

でも、140キロの直球なんて男からしたら『打ちごろ』

吉田投手の直球は最速101キロ。


わん・おー・わん。ですね☆


でも、通用する。

早い段階で力で通用しないのを知ってたから。



吉田投手はナックル姫って呼ばれてますよね。
ナックルとは、、、無回転で揺れる球=予測不能な魔球。

最速101km/hの直球と80km/h台のナックルボール。

彼女は『変則派』の道を選んだ。

魔球を武器にしていったんですねー☆



1割の性差を女性が男性の中で埋めるのは難しい。


吉田投手には【9割の壁】なんて超える目標ではなかったってこと☆

壁じゃない。

目標は一緒でもたどる道が違うとも言える。



女性が本来の才能をもってすれば、最も劇的に変化できる手段やと思う。


『記録で男性に近づく』という考えは、全てのスポーツに有効でもないんですね☆




他にも、フットサル☆

魔球蹴れんでも、チャージがある程度制限されている+コートが狭い+頭。

ある程度までの近道は以外にありそうですよね!?

もともと、股関節の柔軟性が高い女性は、技術的には男性に負けないもの持てるとも言われてます。

男でも
JOY(空飛ぶ怪物)、JOYぁ陛豎せ蠑綺嚢發離謄ニシャン)。彼らは股関節を上手く使えてる。

フットサルは、男子の大会で優勝していく女子チームもすでにいっぱいあるし、そこを理解した方法を身につけたら・・・



長くなったけど、実際は女性選手が育つ環境って、恵まれたもんじゃない。

「男性に近づく」じゃなくて「男性にも勝る」方法。

これを確立させた育成環境があるとしたら、いつか必ず【凄いヤツ】が出てくると思います。


ここ一番の精神力。根源にあるしたたかさ。男性にはない感性。他にもデータでは解明できないものを多くもつ女性。



この【9割の壁】の話しを学んだオレ感想は。。。


その結論は。。。







女こわいね☆
| kubomasa | メディカル | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:31 | - | - | pookmark |









http://k-masa1231.jugem.jp/trackback/28
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ