アスリートを陰から支え1%でも勝利に近づける。決して日の当たらない影の黒子。それがトレーナーらしいよ…【アンサング☆ヒーロー】
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
見る


今日はFリーガーの方とその関係者さんと食事に行ってきました。

全日本の結果や地域CLの経験から、
正直、『地域リーグの方が情熱は上なんじゃないか』!?
って疑問も感じてたけど

そんなことはない。

てか、どちらの情熱も半端ない。

楽しい時間でした。


『今のフットサルにはパドロンが欠かせない』
フットサル紙で書かれてた記事の話。

パドロン=パスをもらう為の動き

記事では、決められた動きではなく
基本をもとに動き方があって、どれを選択するかは選手の自由。
ってことを言ってます。


今日の食事中、そんな話になり。。。

そんなこと、ある程度の指導者、選手なら理解してる。
指導者は基礎の動きを教える。
基本を1つ1つ吸収して、選手のパドロンを増やす。
それを的確に速く選択し続ける競技がフットサル。

「ここまではある程度日本人も理解してる」
「けど、それを知った上で海外を見ると愕然とさせられる」

って、海外で指導者の勉強をされていた方が言うてました。

欧州や南米の子供たちは、最初から世界に通じるものを見て育つ。

幼い頃から、それを目標にしてるもの同士が競い合えば・・・

そらー日本は勝てないですね☆



日本ではそんな環境がない。

そこで理解したつもりでも、到達地点が日本基準。


当たり前に見れないものは、意識して見る☆


ビギナー、エンジョイ、県、地域。
世界を目指すのは無理でも、上手くなるには見ることが必要だってこと。

まぁ、それ以前に、基本のパドロンが頭にない人は
「見ても面白くない」とか「大したことない」・・・

って、たいがい言います。

知れば知るほど面白いのがフットサル☆

『パドロンを速く的確に競い合うのがフットサル』

いい言葉!!
| kubomasa | ふっとさる | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
真面目


ひこにゃん捕獲に成功したのでお知らせします。

次は奈良の強そうなやつ捕獲に向けて頑張ります。



たまには、真面目な記事書きます。


 よく、瞬発力を上げるにはどうしたらいいですか? っとか聞かれますが、、、

多くの人が【パワー】とか【スタミナ】とか【瞬発力】を別に捉えてるんじゃない?


クリスティアーノ・ロナウド。

彼は化け物ですよね。
まったく身体がぶれない。長い距離ドリッてからでも強烈で正確なシュート。

慣性の法則無視。
パフォーマンスが落ちない。

ブレないってことは、次の動作に移るのも早い。
常に安定した体勢だから、怪我も少ない。

【体幹】ってやつです。


もう1つは【スタミナ】
自分が速くなるのではなく、周りに比べて速くなるという相対的な速さ

試合中、常に同じ瞬発力をキープできれば、試合中盤〜終盤には相手より早くなるってこと。



体幹のバランスがよければ、運動効率UPで、スタミナ消費減にもなり、パワーアップにもつながり、
スタミナUPは、メンタルUP・回復力UPにもなります。



ほとんどの選手は、ある程度はゲーム中に必要な能力を上げてるでしょう。

なので、

自主トレには、バランスボールトレーニングとかするといいんちゃいますかねー☆

5〜10種目を選択し、休息を入れず順番に行う→セット間はジョック(コート2,3週くらい)でつなぐ、このトレ、比較的短時間で出来ます。

スタミナと体幹=瞬発力UP☆
| kubomasa | ふっとさる | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
関チャレ


昨日のJOY

ラドソンと県大と練習試合。

ラドソンは関西L昇格をかけた戦い『関チャレ』を控えてます!

『狭き門』って表現がピッタリなこの戦い。。。

大事な試合ほど、ほんまに何が起こるかわからない。

滋賀のフットサルを盛り上げるためにも、頑張ってほしいです☆

熱く冷静に!!
| kubomasa | ふっとさる | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ